脱毛って痛いの? サロンと医療どっちが痛い? 痛みに弱い人におすすめのサロンも紹介!

更新日:2020.10.20

脱毛に通いたいけど、痛いのが心配でなかなか踏み切れない…そんな方もいるかもしれません。痛みに弱い場合は、サロンの光脱毛で、なおかつ光脱毛の中でも痛みがマイルドな脱毛機を使っているサロンを選ぶのがおすすめです。

女性
脱毛の痛みは肌の状態や毛の生えかたによっても変わってきます。自分が痛みを感じやすい状態かどうかもこの記事でチェックしておきましょう。

脱毛の痛みはサロンか医療か、脱毛方法や脱毛部位によっても異なる

ポイントを説明するお姉さんの画像

脱毛の痛みといえば、脱毛をはじめたいと思ったときに気になることのひとつでしょう。ただ、脱毛はさまざまなエステサロン・医療クリニックで受けられることもあり、痛みもそれぞれ異なってきます。

サロンやクリニックごとに光・レーザー・ニードルなど採用している脱毛方法は異なりますし、脱毛部位やお肌の状態によっても痛みは変わるといわれます。

引き続き、脱毛の痛みについて具体的に確認していきましょう。

脱毛で痛みを感じやすい部位は?

脱毛の機器については従来からあるものとして、主に黒いメラニン色素に反応して毛の組織にダメージを与えるタイプが挙げられます。

このため、VIOやワキなど毛が太い・密集しているところは痛みを感じやすい部位です。また、顔や指、VIOのデリケートな部位など皮膚が薄く骨に近いところも敏感で、痛みを感じやすいといわれます。

脱毛で痛みを感じやすい人の特徴は?

脱毛で痛みを感じやすい人の特徴を具体的にピックアップしてみました。肌荒れ・体調不良など場合によっては無理をせず、身体と相談して脱毛をお休みすることも大切といえます。

チェックポイント
  • 皮膚が乾燥している→脱毛で受ける光などの刺激を潤いがカバーするため
  • 毛深い→メラニン色素を多く含み、脱毛機器がしっかりと反応するため
  • 日焼けしている→脱毛機器が黒に反応し、お肌にも刺激を与える可能性があるため
  • 生理前や体調が悪いとき→お肌が敏感になり刺激を感じやすいため
  • 肌トラブルを起こしている→無理に脱毛をするとさらに悪化する可能性あり

脱毛の痛みは医療が強い

医療脱毛は強いパワーのレーザーを使用するため、脱毛にともなう痛みも強めです。クリニックによっては麻酔クリームを処方してくれる場合もありますが、痛いのが苦手な場合はサロンをおすすめします。

脱毛サロンで痛くないのはどこ?

サロンでは光脱毛が取り入れられており、可能な限り痛みを弱めた手法での脱毛となります。光脱毛の中でも、機器によって痛みが比較的強いもの、弱いものがあるのでチェックしておきましょう。

痛みがもっとも弱い脱毛方法はハイパースキン脱毛

光脱毛の種類 痛みの強さ 脱毛効果
IPL 光脱毛のなかでは強め
(痛みを感じやすい)
特に剛毛へ効果あり
SSC IPLよりも弱い
(冷却ジェルで軽減)
剛毛・うぶ毛両方に効果あり
SHR 弱い
(IPL・SSCより低い熱)
特にうぶ毛へ効果あり
ハイパースキン脱毛 特に弱い
(高い熱で焼かない)
特にうぶ毛へ効果あり

痛みの感じ方は個人により異なるものの、痛みが強い順番で並べてみるとIPL、SSC、SHR、ハイパースキン脱毛となります。

光脱毛でとくに痛みが弱いといえる手法は、ハイパースキン脱毛です。発毛の種にアプローチする光を当てて毛を生えにくくするため、温度やパワーも低く痛みを感じにくいのです。

ただし、痛みを抑えている代わりにIPLは剛毛に効果的なため、毛のタイプによってはほかの手法が有効となります。脱毛したい部位の毛の特徴を参考に、効果的な手法を採用しているサロンを選んでみましょう!

痛みが弱い脱毛機を使っているサロン

サロン 脱毛手法 サロンの特徴
ストラッシュ/ラココ SHR→低温施術で温かいと感じるくらい IPLと組み合わせの施術も可能、美容ローションでケア
ディオーネ ハイパースキン→体温と同じくらいの温度でほぼ痛みなし 光自体に美容効果あり

子どもでも脱毛OK!痛いのが怖い人にはディオーネ

ディオーネが採用するのは、痛みをとくに抑えたいという方におすすめのハイパースキン法です。使用される光は38度くらいということで、熱による痛みを感じることはほぼナシといってもよいでしょう!

さらに、ディオーネの機器ではフェイシャルケアで使用される光も含まれており、お肌がコラーゲンを生成する力を補ってくれます。ディオーネの脱毛は子どもでも可能なほどお肌に優しいので、刺激や痛みに弱い方に適しています。

◆ ディオーネの料金 ◆

コース名 価格 回数
全身まるごと脱毛ショートコース6回 231,000円 6回
全身脱毛ショートコース6回 108,900円 6回
全身脱毛メンテナンス追加1回 18,150円 1回
全身まるごと脱毛全12回 396,000円 12回
全身まるごと脱毛メンテナンス追加1回 33,000円 1回
全身まるごと脱毛 360,000円 12回
全身脱毛全12回コース 217,800円 12回

◆ ディオーネの基本情報 ◆

キャンセル料 無料
20時以降の予約/来店 -
シェービング料金 -
支払い方法 現金一括払い、現金分割払い、カード払い
施術頻度 最短2週間に1回

※料金はすべて税込です。

日焼け肌でも全身脱毛可能!ストラッシュ

ストラッシュではSHRを採用し、発毛を命令するバルジ領域という、毛根より表面に近い箇所へ作用。低温で施術できるので、温かさを感じる程度で痛みをかなり抑制します!

SHR脱毛は黒い色素に反応しないタイプなので、日焼け肌やほくろが多い肌でもOKです。

◆ ストラッシュの料金 ◆

コース名 価格 回数
全身脱毛 月額プラン 8,778円
全身脱毛 6回パックプラン 105,336円 6回
全身脱毛 10回パックプラン 169,950円 10回
全身脱毛 12回パックプラン 199,980円 12回
全身脱毛 18回パックプラン 288,684円 18回
全身脱毛 無制限プラン 406,780円 通い放題
全身脱毛 都度払いプラン 24,178円 1回〜

◆ ストラッシュの基本情報 ◆

キャンセル料 前日20時まで無料
20時以降の予約/来店
シェービング料金 月額プランに別途シェービング代がかかる、バックプランは不要
支払い方法
施術頻度 2週間~1ヶ月程度

※料金はすべて税込です。

痛みの弱い全身脱毛が月額3,000円!ラココ

ストラッシュと同じく痛みの弱いSHR脱毛を採用しているラココ。日焼け肌や色の薄いうぶ毛にも効果を発揮してくれる脱毛です。全身脱毛が月額3,000円でスタートできるなど、価格もリーズナブル。

◆ ラココの料金 ◆

コース名 価格 回数
全身脱毛月額3,000円コース 118,800円 6回
まるごと全身脱毛コース(顔またはVIO付き) 75,900円 5回
まるごと全身脱毛コース(顔・VIOを含む) 86,900円 5回
まるごと全身脱毛コース(顔・VIOを除く) 64,900円 5回

◆ ラココの基本情報 ◆

キャンセル料 当日キャンセル2,000円、無断キャンセル一回分消化
20時以降の予約/来店 店舗により異なるが〇
シェービング料金 1部位につき1,080円
支払い方法 現金、クレカ、ローン
施術頻度 1か月に1回

※料金はすべて税込です。

脱毛は痛い?のまとめ

より痛くない脱毛を受けたいならば、光脱毛では低温のSHR・ハイパースキン法、医療では蓄熱式のレーザーがおすすめです。

ただ、痛みを抑えた脱毛は、主にうぶ毛に効果的という特徴もあったため、太い毛を早く綺麗にしたい場合は部分的にIPL脱毛のサロンを併用してもよいかもしれません。

女性
普段のお肌が乾燥・日焼けしているなど、脱毛で痛みを感じやすい状態にならないようにも注意したいですね。脱毛を受ける時期に関わらず、保湿や日焼け対策も頑張りましょう!

口コミ掲載方針について

・掲載内容に関して 当社の口コミ内容は、ページ内で紹介している脱毛サロンを実際に通ったことがある方にアンケート調査を実施し、そこから得た口コミ内容を掲載しています。

・口コミの取得方法に関して 該当の脱毛サロンの会員カードを添付してもらうなどして実際に脱毛サロンに通っているかの確認のほか、応募対象者として適切か判断するためのプロフィール確認、二重回答を防ぐためのIDチェックをすべて有人で行う体制をとっています。また、口コミ内容が曖昧な口コミに関してはユーザーに直接確認や質問をする対応をしています。

・掲載作業に関して 集計した口コミは、歪曲せず極度な誤字脱字のみを修正したものをそのまま掲載しています。極度な誤字脱字の修正は、回答者への許諾をとっています。

lacoco
ページトップ

条件から脱毛サロンを探す