光脱毛(フラッシュ脱毛)で効果があるのはどれ?4種類の仕組やメリットを徹底解説!

更新日:2020.11.17

光脱毛をしている女性の画像

光脱毛という言葉を聞いたことはあるけど、どんな仕組みか知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

光脱毛はお肌に光を当てることからフラッシュ脱毛とも呼ばれています。

この記事では、脱毛サロンで採用されている光脱毛には「どんな種類があるのか」「何回くらいで効果が出るのか」「痛みはあるのか」など、光脱毛について知りたい人に向けた情報を紹介しています。

さらにはクリニックのレーザー脱毛※とどっちにしようか迷っている人のために、その違いも解説します。


※レーザー脱毛とはクリニックで行われる医療脱毛で使用される、レーザーを照射するタイプの脱毛方法

光脱毛で効果があるのは毛や肌質に合った機械!

女性がポイントを紹介している様子

巷でよく耳にする「光脱毛」とは、脱毛サロンで取り入れられている脱毛方法のことです。

お肌に光をあてて脱毛することから、「フラッシュ脱毛」とも呼ばれています。

光脱毛は、使用されている脱毛機によってさらに種類が分かれていくので、サロンでおこなう脱毛方法の総称と覚えておくと自分の毛質や肌質に合った機械を選ぶことができます

光脱毛は脱毛サロンのほかに、家庭用脱毛器でも使用されていることから、私たちの生活に身近な脱毛方法といえますね。

光脱毛の仕組み

それでは、光脱毛とは何かがわかったところで、仕組みについて見ていきましょう。

光脱毛は、毛根に熱を与えることで脱毛していく方法です。何度くらいの熱を与えるかは脱毛機によって異なりますが、最も高温の器械を使う場合は80℃前後といわれています。

1回ですぐに効果は出ませんが、何度か繰り返し照射することで、毛根にダメージを与え、徐々に毛が薄くなっていき、最終的には生えにくい状態に近づいていきます。

光脱毛の種類とメリット・デメリット

次に光脱毛の種類を見ていきましょう。

光脱毛の種類によって、脱毛効果が出やすい毛質が異なるので要チェックです。

光脱毛には、主に「IPL脱毛」「SHR脱毛」「S.S.C脱毛」「ハイパースキン脱毛」の4種類があります。下記の表で特徴を見ていきましょう。

特徴 IPL脱毛 SHR脱毛 S.S.C脱毛 ハイパースキン脱毛
光が作用する部分 黒い色素のみ バルジ領域
(※1)
抑毛効果のあるジェル
メラニン色素
生える前の毛の種
照射温度 80℃ 60~70℃ 80℃ 38℃
脱毛ペース
(※2)
1ヶ月~3ヶ月に1回 最短2週間に1回 1ヶ月~3ヶ月に1回 1ヶ月半に1回
脱毛できない箇所 細い軟毛、産毛、金髪、日焼け肌、色黒肌、色素沈着部分 なし 日焼け肌、色黒肌、色素沈着部分 なし
効果がある毛や肌質 脇やVIOなどの濃い毛
産毛や日焼け肌 剛毛や産毛 産毛や日焼け肌

(※1)バルジ領域とは毛根を包み込んでいる「毛包」の中にある毛を生やすように指令を出す皮膚の組織

(※2)脱毛ペースは同じ機械を使用していてもサロンによって異なる可能性がある

女性
最近ではストラッシュキレイモササラのようにIPL脱毛とSHR脱毛が併用して照射できるサロンもあります。

表からわかる各脱毛方法の特徴やメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

IPL脱毛のメリット・デメリット

IPL脱毛はメラニン色素という黒い色素に反応するタイプです。毛が生えている毛根に光を当ててダメージを与えることで脱毛する仕組みです。

日焼けをしておらず、脇やVIOなど濃くて太い毛をメインに早く効果を実感したい人にはIPL脱毛がおすすめです。

  • 脇やVIOなどの濃いムダ毛にも効果がある
  • 効果の実感が早い
  • 産毛への効果が弱い
  • ホクロ、シミ、日焼け肌は照射できない

脇やVIOなどの濃くて太い毛にも効果があり、効果を実感するまでのスピードも速いのがメリットです。

産毛などの細い毛にはあまり効果があまりなく、黒色に反応するためサロンによってはホクロが多い方や日焼け肌の方は照射をお断りされてしまう可能性がある点がデメリット。

ただし、ホクロはシールなどでカバーできる範囲であれば照射してもらえる可能性があるのでカウンセリングで質問してみるのがおすすめです。

SHR脱毛のメリット・デメリット

SHR脱毛はIPL脱毛とは違い、毛包という毛根を包む膜にに熱を与える蓄熱式タイプです。メラニン色素(黒色)に反応するわけではないので、日焼け肌の人やほくろが多い人でも通うことができます。

SHR脱毛は産毛までじっくりツルツルにしたい人、日焼け肌や色黒肌の人におすすめできる脱毛方法です。

  • 産毛や日焼け肌にも照射できる
  • 最短2週間ペースで施術が可能
  • 痛みが少ない
  • 効果が実感できるまで時間がかかる
  • 対応しているサロンが少ない

SHR脱毛は毛周期に関係なく最短で2週間ペースで通うことができるメリットがありますが、効果を実感できるまでにはIPLよりも回数を多めに通う必要があります。

もし頻繁に通うことができない場合は、効果を実感するまでに時間がかかるのがデメリット。

ただし時間をかけてお手入れをしていくので、IPL脱毛よりもなるべく肌を傷めずに脱毛することができます。

S.S.C脱毛のメリット・デメリット

S.S.C脱毛は、お肌に“ビーンズジェル”を塗り、“クリプトンライト”というジェルや黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射して抑毛※をする方法です。

ジェルを塗る手間がかかるため、施術時間が長くなることが予想されますが、濃い毛も薄い毛もバランスよく照射したい人にはS.S.C脱毛がおすすめです。


※クリプトンライトをビーンズジェルに照射することで有効成分であるフィニリーブが出てくることで毛を生えにくくさせている


※フィニリーブには育毛を遅くする大豆イソフラボンのほか、保湿成分である尿素やサリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなどが含まれており、お肌を綺麗にする効果がある

  • 痛みがほとんどない
  • 産毛から濃い毛まで幅広く照射できる
  • 美肌効果を得られる
  • ジェルを塗る手間がかかる
  • ホクロ、シミ、日焼け肌は照射できない
  • 抑毛のため完了まで時間がかかる

実際に脱毛をしているわけではないので完了まで時間はかかりますが痛みも少なく産毛から濃い毛まで対応することができるのがメリットです。

しかしIPL脱毛と同じで黒いメラニン色素に反応するため、ホクロやシミ、日焼けをしている方は施術を受けることが難しいというデメリットがあります。

S.S.C脱毛の場合もIPL脱毛と同じく、ホクロの部分などはシールを貼って対応してくれるサロンもあるので、気になる方はカウンセリングで相談してみましょう。

ハイパースキン脱毛のメリット・デメリット

ハイパースキン脱毛は熱で温める蓄熱式タイプなのでSHR脱毛に少し似ています。

SHR脱毛では毛包という毛根を包む膜に照射していましたが、ハイパースキン脱毛ではさらに毛包の中にあるバルジ領域※という毛が生えてくる細胞自体に熱を与えるのでより効果が高いです。

4つのなかで最もお肌にやさしい脱毛方法のため、痛みが少ないこと、お肌へのダメージを最小限に抑えることを優先に脱毛したい人にはハイパースキン脱毛がおすすめです。


※バルジ領域とは毛根を包み込んでいる「毛包」の中にある毛を生やすように指令を出す皮膚の組織

  • ほぼ痛みなし
  • 低刺激のため敏感肌の人、お子さまも脱毛できる
  • SHRよりも効果が期待できる
  • 効果が実感できるまで時間がかかる
  • 対応しているサロンが少ない
  • 高額な傾向がある

ハイパースキン脱毛の場合はSHR脱毛(50℃)とは異なり、人肌とほぼ同じ38℃程度で照射します。温度が低いため刺激も少なく痛みはほぼないのがメリットです。

ただしSHR脱毛と同じで導入サロンが少ないほか、多くの回数を通う必要があり、完了まで時間がかかるので高額な傾向があるのがデメリット。

時間はかかりますが、SHR脱毛よりもさらに刺激の少ない形で毛の生える根本部分に光を当てられます。またお肌が弱くて他のサロンではお断りされてしまったという方でも通うことができます。

光脱毛と毛周期の関係性

毛には、“毛周期”と呼ばれる生え変わる周期があり、実は効果的に脱毛する上で非常に重要な観点となります。

毛周期の流れは以下のとおりです。

    1
  • 毛が伸びる「成長期」
  • 2
  • 毛の成長が止まる「退行期」
  • 3
  • 毛が抜け落ちる「休止期」

光脱毛のなかで、毛周期を意識する必要があるのが、IPL脱毛、S.S.C脱毛、ハイパースキン脱毛です。

IPL脱毛とS.S.C脱毛は「成長期」に、ハイパースキン脱毛は「休止期」に、合わせて脱毛器をあてると効果が得やすいとされています。

そのため、毛周期が関係する脱毛方法を採用しているサロンでは、次の予約まで最低でも1ヶ月半ほど空けるシステムを取っているところが多いです。

一方、色素に関係なく、毛包に熱を与えて脱毛するタイプのSHR脱毛のは、毛周期とは関係なく施術することができます。

しかし、だからといって、毎日照射することはできません。SHR脱毛もお肌にダメージを与えることには変わりはないので、次の脱毛まで2週間は空けるようにしましょう。

光脱毛の効果が出るのは5回目から

脱毛の効果が出たきれいなお姉さんの画像

脱毛サロンにこれから通おうとしている人や現在通っている人は、

「何回脱毛すれば効果出るの?」

という、不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。

そんな悩みに答えるため、ここでは光脱毛の気になる効果について解説していきます。

光脱毛の効果は基本的にゆっくり

光脱毛は一般的に、効果が出るのに時間がかかるとされ、大体5回目から効果が実感できるようになるといわれています

しかし、効果の実感といっても、ムダ毛の自己処理が楽になる程度です。さらに、ツルツルを目指すのであれば、下記の表を目安に回数を重ねることをおすすめします。

回数※ 期待できる脱毛効果
5〜6回 自己処理がラクになる
6〜10回 VIOや脇などの濃い毛がほとんど生えてこなくなる
10〜15回 産毛や細い毛まで生えてこなくなる

※回数にはサロンごとに導入している機械が異なるのと毛周期に個人差があるのであくまでも目安

女性
産毛までツルツルにしたい場合は、10回~15回は通わないとだめなのね!

永久脱毛の効果はない

脱毛サロンで採用している光脱毛は、永久脱毛ではなく、期待できるのは抑毛効果にとどまります。

理由は先ほど、毛周期のところで説明したとおり、ムダ毛は毛根に光を当てて抜け落ちても、成長期を迎えるとまた生えてきてしまうからです。

しかし、何度もダメージを与えられた毛根は再生力が弱まるため、徐々に毛が薄くなっていき、照射回数を増やすことで半永久的な脱毛に近づけていくことはできます

そのため、自分の毛の濃さと求めるツルツルレベルと相談しながら、根気強く通い続けましょう。

光脱毛は痛みが少ない

注意事項を伝えているお姉さんの画像

脱毛と聞いて、もう一つ心配なことは痛み。

結論からいうと、脱毛サロンの光脱毛は、かなり痛みが軽減されています

下記、脱毛方法別で痛みの度合いをまとめたので参考にしてみてください。

IPL SHR脱毛 S.S.C脱毛 ハイパースキン脱毛
少し刺激あり 温かさを感じる程度 痛みが少ない ほぼ痛みなし

IPL脱毛のみ、少し刺激があるようです。痛みには個人差がありますが、例えるならば、輪ゴムではじかれた程度の痛みを感じると答えている人もいます。

一方、SHR脱毛は温かさを感じる程度、S.S.C脱毛は痛みがない、ハイパースキン脱毛はほぼ痛みがないといわれています。

女性
痛みが気になるという人は、ディオーネのハイパースキン脱毛がおすすめ。38度の低温照射でお子さまでも脱毛できるほどお肌にやさしい脱毛方法として注目されています。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

クリニックがサロンで迷っている女性の画像

ここまで、ずっと脱毛サロンでおこなう光脱毛について説明してきましたが、もう一つの選択肢としてクリニックの医療脱毛で使われているレーザー脱毛もあります。

光脱毛とレーザー脱毛で迷っている人にために、ここでは簡単に光脱毛とレーザー脱毛の違いを解説します。

レーザー脱毛とは

そもそもレーザー脱毛とは、クリニックで行われる医療脱毛で採用されている脱毛方法のこと。

を生やす組織を破壊するため、半永久的な脱毛ができるのが特徴です

レーザーの照射威力が強いため痛みは伴いますが、毛を生やす組織に直接レーザーを照射するため少ない回数でムダ毛を減らすことができます。

レーザー脱毛には次の4種類があります。

脱毛器の種類 痛み 産毛への効果 日焼け そのほかの特徴
蓄熱式ダイオードレーザー 少ない ・日本人の毛、肌質に最適
・毛質・肌質を問わない
・アトピーがある人でも対応可
熱破壊式ダイオードレーザー 少ない ・日本人の毛、肌質に最適
・毛質・肌質を問わない
・アトピーがある人でも対応可
アレキサンドライトレーザー やや感じやすい × × ・毛の黒い色素(メラニン色素)に反応
・日本人の毛質と相性がよい
・美容効果も期待できる
ヤグレーザー 感じやすい × ・メラニンへの吸収率が低いので色黒肌にも照射可能
・濃い毛、太い毛にも効果あり
女性
レーザー脱毛も、自分の毛質に合った脱毛方法を取り入れているクリニックを選ぶことが大事ですね。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

続いて、光脱毛とレーザー脱毛の違いについて説明します。

光脱毛とレーザー脱毛の違いを一言でいうと、脱毛の威力が異なるということ。

光脱毛は、毛を生やす領域に一時的なダメージをあて、時間をかけながら毛が薄くなるように働きかけます。そのため、効果が感じられるまでは10回~15回の照射が目安。

一方、レーザー脱毛は毛が生える組織そのものをで破壊し、半永久的な脱毛をおこなっていきます。通院の回数は5回~6回が目安でしょう。

光脱毛とレーザー脱毛のメリットデメリット

光脱毛とレーザー脱毛のメリット・デメリットについて紹介します。

その後に、どんな人におすすめなのかも記載するので、自分はどちらのタイプにあてはまるか考えながら読んでみてください。

光脱毛のメリット・デメリット

まずは、光脱毛のメリット・デメリットについて紹介します。

  • 痛みが少ない
  • 料金が安い
  • 効果が出るまで時間がかかる
光脱毛はこんな人におすすめ

光脱毛はコース料金が安いことはもちろん、初回限定のお客様を対象にした激安キャンペーンなどが豊富。そのため、多少、効果が出るのに時間がかかったも安く脱毛したい人におすすめです

また、SHR脱毛やハイパースキン脱毛なら、ほとんど痛みがないため、痛みに弱い人にもおすすめです。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

続いて、レーザー脱毛のメリット・デメリットについて紹介します。

  • 満足するまでにかかる回数が少ない
  • 半永久的な脱毛ができる
  • お肌にトラブルが起きても専門医が対応
  • 痛みには麻酔などで対応する場合も
  • 脱毛料金が高い傾向にある
  • 痛みが強い
  • クリニックの数が相対的に少ない

レーザー脱毛は、5回~7回でほとんど生えてこなくなる人が多いです。そのため、いつまでに脱毛を終わらせたいという目標が明確な人は医療脱毛という選択をしてもよいでしょう。

光脱毛ができるおすすめサロン

おすすめサロンを紹介するお姉さんの画像

それでは早速、光脱毛ができるおすすめのサロンを紹介していきます※。

サロンごとに使用している脱毛機の種類や、おすすめのコースの内容と料金についてまとめています。

自分の肌質に合った脱毛機で施術してくれるサロンを見つけみてください!

※掲載個社の順番は記事内で紹介した脱毛機の順で取り扱っている個社を紹介

※詳しくは右記の順:IPL脱毛、SHR脱毛、IPL脱毛・SHR脱毛併設、S.S.C脱毛、ハイパースキン脱毛

銀座カラー~IPL脱毛で顔から足先まで濃い毛もしっかり脱毛~

銀座カラーのロゴ画像

脇やVIOなど濃い毛を中心に脱毛したいなら、IPL脱毛の銀座カラーがおすすめ。

銀座カラーは全身脱毛専門のサロンで、顔から足先まで全身24カ所を脱毛することができます。

初回に6回まとめて予約が取れたり、24時間WEB予約システムがあったりと予約の取りさすさにも定評がある通いやすいサロンです。

全身脱毛6回総額(税込) 102,300円
シェービング代/キャンセル代 無料
通える頻度 1ヶ月に1回
期間/回数 8か月/6回
脱毛方法 IPL脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

ラココ~〜SHR脱毛で痛みを伴わず効果を実感!〜

ラココ(LACOCO)のロゴ画像

産毛や日焼け肌でもOKのSHR脱毛を採用しいるラココなら、薄い毛まで全身ツルツルに

Web予約ができないため、予約の取りやすさは評価が低いですが、全身脱毛5回分の料金の安さと最短6カ月で脱毛完了できるのがポイントです。

全身脱毛6回総額(税込) 86,900円
シェービング代/キャンセル代 1,100円
通える頻度 毎月1回~2回
期間/回数 最短6ヶ月/6回
脱毛方法 SHR脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

キレイモ~IPL脱毛×SHR脱毛のW照射&通い放題プランでツルスベ肌~

キレイモ(KIREIMO)のロゴ画像

産毛から濃い毛までバランスよく脱毛したいなら、キレイモ!

キレイモは、銀座カラーと同じく、キレイモも全身脱毛専門サロン。

IPL脱毛×SHR脱毛のW照射で、どんな毛もきれいに脱毛します。

毛が濃くて20回以上脱毛したいという人は、「全身脱毛無制限プラン」396,000円(税込)がおすすめですよ。

全身脱毛4回総額(税込) 87,780円
シェービング代/キャンセル代 無料/1回分消化
通える頻度 45日に1回(約1ヶ月半)
期間/回数 1年
脱毛方法 IPL脱毛、SHR脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

ストラッシュ~IPL脱毛×SHR脱毛×ジェルで美肌も手に入れる!~

ストラッシュ(STLASSH)のロゴ画像

産毛までツルツルにしたいならストラッシュ。

ストラッシュは、産毛や日焼け肌はもちろんのこと、シミなどの色素沈着部分まで脱毛できるSHR脱毛をメインにしたサロン。

IGSトリプルアタック”と称してSHRだけでなく、IPL脱毛も一緒に行うことで太い毛にもアプローチしてくれます。SHR脱毛と相性の良いSTスーパージェル※を使用することで美肌効果も一緒に手に入れることができます。

※STスーパージェルにはヒアルロン酸、コラーゲン、美容エキス(クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、など全14種類)が含まれている

※STスーパージェルについて詳しくは公式ホームページを参照

総全身脱毛6回総額(税込) 105,336円
シェービング代/キャンセル代 有料/前日まで無料
通える頻度 2週間に1回
期間/回数 6ヶ月
脱毛方法 IPL脱毛、SHR脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

ササラ~IPL脱毛×SHR脱毛!2本同時冷却で痛みも軽減~

ササラのロゴ画像

IPL脱毛とSHR脱毛をかけ合わせたハイブリッド脱毛をしたいならササラ

あなたの毛質に合わせて剛毛に効くIPL脱毛と産毛に効くSHR脱毛のどちらかをスタッフが選んでくれるので効果も抜群。

痛みが気になるIPL脱毛ですが、照射機を2本使って同時冷却するので、肌に合わせて適切な温度に調節され痛みを抑えられます。

さらに美容成分がたっぷり入った専用ジェルを施術前に塗ってくれるので、プルプル肌も目指せます。

全身脱毛6回総額(税込) 116,160円
シェービング代/キャンセル代 無料/前日20時まで無料
通える頻度 1ヶ月に1回
期間/回数 最短6ヶ月/6回
脱毛方法 IPL脱毛、SHR脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

※シェービング代、キャンセル料は上記記載の全身脱毛6回パックの料金を記載
※月額コースの場合はシェービング1回につき1080円(税込)、キャンセル料は予約2日前20時までに連絡しなければ当日キャンセル扱いになる

ミュゼ~S.S.C脱毛をコスパよく!全国店舗数NO.1~

ミュゼプラチナム(MUSEE PLATINUM)のロゴ画像

美容効果も期待できるS.S.C脱毛で、コスパよく脱毛できるミュゼ

脇脱毛110円でおなじみのミュゼですが、脇だけではなく、ほかのパーツや全身脱毛コースもあり。

全国店舗数は200店舗近くと圧倒的です!また、公式アプリがあり、予約の取りやすさも優れています。

全身脱毛6回総額(税込) 424,380円
シェービング代/キャンセル代 無料/予約から24時間前まで無料
通える頻度 2ヶ月に1回
期間/回数 1年
脱毛方法 S.S.C脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

ディオーネ~お子さまでも脱毛できるハイパースキン脱毛~

ディオーネ(Dione)のロゴ画像

お肌にやさしい脱毛方法ならディオーネのハイパースキン脱毛

ディオーネのハイパースキン脱毛は38℃の低温照射で、デリケートなお肌にも脱毛できるのはもちろんのこと、お子さまでも脱毛することができます。

敏感肌の方に一番おすすめできます。

総額(税込) 全身脱毛6回 109,890円
シェービング代/キャンセル代 無料/無料
通える頻度 最短2週間に2回※
期間/回数 3ヶ月/6回
脱毛方法 ハイパースキン脱毛
予約のとりやすさ
店舗移動可能

※サロンが次の予約ができると提示している期間を掲載

レーザー脱毛ができるクリニック

クリニックを紹介する女医さんの画像

続いて、レーザー脱毛をしたい方のために、ほぼ産毛が生えてこなくなる目安となる5回~6回のコースがあるクリニックを紹介します。

アリシアクリニック

プラン紹介

全身4カ月完了プラン!月々3,400円~

アリシアクリニックの

無料カウンセリングはこちら

レジーナ

プラン紹介

全身26カ所5回完了コース月々6,300円!

レジーナクリニックの

無料カウンセリングはこちら

エミナル

プラン紹介

最短5カ月で全身脱毛完了!
月々3,278(税込)~

エミナルクリニック(HMRクリニック)の

無料カウンセリングはこちら

光脱毛できる家庭用脱毛器

自宅で脱毛している女性の画像

最後にご紹介するのは、自宅で光脱毛できる脱毛器!

脱毛サロンに通うのはめんどうだけど、脱毛したいという人におすすめな商品を2つピックアップしました。

ケノン~カートリッジ交換式で美顔器にもなる~

脱毛器ケノンの画像

「ケノン」69,800(税込)は、男性のムダ毛にも効果がある脱毛器で、脇や足はもちろんのこと、デリケートゾーンへの照射も可能です。

また1台300万発の照射でき、全身1200回分の脱毛ができるので非常に経済的。さらに、カートリッジ交換式のため、家族や恋人とも衛生的にシェアすることもできます。

美顔専用カートリッジも附属しているので、美顔器としても利用できます。

ブラウン~持ち運べるサイズでいつでもささっと脱毛~

ブラウン フェイススパ SE910

続いて紹介するのは、顔専用脱毛器「ブラウン フェイススパ SE910」。

料金は10,000円ほどなので、お買い求めやすい価格です。

7つのアタッチメント付きで、産毛の脱毛から洗顔、角質ケアまでできる優れもの。充電式の持ち運べるコンパクトサイズなので、外出先でムダ毛が気になったときに気軽に使用できます。

使い続けるほどに、ワントーン明るいツルスベ肌に。

まとめ

脱毛完了した女性の画像

光脱毛とは、脱毛サロンで取り入れられている光を使った脱毛方法のことでした。光脱毛には、「IPL脱毛」「SHR脱毛」「S.S.C脱毛」「ハイパースキン脱毛」の4種類があり、それぞれ特徴がありましたね。

もう一度、光脱毛の種類をおさらいしてみましょう!

光脱毛の種類 特徴 導入サロン例
IPL脱毛 脇やVIOなどの剛毛に効果あり 銀座カラー
SHR脱毛 産毛や細い毛、日焼け肌、色素沈着部分にも効果あり ラココ
IPL×SHR 産毛から濃い毛まで効果あり キレイモ
ストラッシュ
ササラ
S.S.C脱毛 どんな毛もバランスよく脱毛できる ミュゼ
ハイパースキン脱毛 低温照射でお肌にやさしい ディオーネ
女性
自分の毛のタイプや、脱毛したい部位を考慮して、自分に合った光脱毛を採用しているサロンを選んでください。

この記事の執筆者

まこ

まこ

脱毛口コミランキングなびの記事編集を担当。脱毛初心者の方や経験者の方が知りたいと思う情報を、分かりやすく、すぐに調べられるよう心がけて記事を編集しています。長い間ズボラ女子代表でしたが、美容系の記事に携わるようになってからは、意外と人は細かいところまで見られているんだなと強く実感するように。脱毛は身だしなみのひとつということを学びました。ズボラ女子におすすめのお手軽に始められる脱毛からぜひ美容に興味を持っていただけたらと思います。

口コミ掲載方針について

・掲載内容に関して 当社の口コミ内容は、ページ内で紹介している脱毛サロンを実際に通ったことがある方にアンケート調査を実施し、そこから得た口コミ内容を掲載しています。

・口コミの取得方法に関して 該当の脱毛サロンの会員カードを添付してもらうなどして実際に脱毛サロンに通っているかの確認のほか、応募対象者として適切か判断するためのプロフィール確認、二重回答を防ぐためのIDチェックをすべて有人で行う体制をとっています。また、口コミ内容が曖昧な口コミに関してはユーザーに直接確認や質問をする対応をしています。

・掲載作業に関して 集計した口コミは、歪曲せず極度な誤字脱字のみを修正したものをそのまま掲載しています。極度な誤字脱字の修正は、回答者への許諾をとっています。

lacoco
ページトップ

条件から脱毛サロンを探す